MENU

乳酸菌革命の飲み方で運命が変わる!?こんな人は要注意!

 

乳酸菌革命は健康補助食品なので、いつどういったような飲み方でも変化はないと思っている人も多いようですが、適当に飲んでいると何も実感できない!という場合もあるかもしれません。

 

もし乳酸菌革命を飲んでいて何も実感できていない人や、これから飲んで行こうと思っている人は、典型的なダメパターンを知っておきましょう。もしかすると、下痢や便秘の運命が大きく変わることに繋がるかもしれませんので!

 

 

こんな飲み方はダメ!当てはまる人は要注意!

食後に飲んでいない

乳酸菌革命の大前提が『食後に飲む』ということです。

 

乳酸菌というのは、酸や熱などに弱い性質があるので、胃や十二指腸などを通るところで胃酸に襲われ死滅してしまい、腸にまで到達できない可能性あるのです。

 

しかし、食後に摂るということで、胃酸の分泌が弱まり乳酸菌が死滅しないで腸まで届きやすくなるので、生きたまま善玉菌として活躍させたい場合はなるべく食後に摂ることが大切です。

 

乳酸菌革命は耐酸性カプセルでコーティングしていますし、熱などに強い有胞子乳酸菌を配合しているので、ある程度は大丈夫と思いますが、少しでも多くの生きた乳酸菌を届けたい場合は、食後に飲むということを意識しておきましょう。

 

 

水以外で飲んでいる

薬でも乳酸菌サプリでも同じですが、基本的に水やぬるま湯で飲む必要があります。

 

というのも、お茶やジュースの場合は添加物が配合されているので、乳酸菌革命の力を半減させてしまう可能性があるからです。せっかく飲んでいるのに効果を感じれないのは嫌ですよね。

 

また、私のように水で飲むと下痢が出そうだぁと不安になる場合は、ぬるま湯がおススメです。ぬるま湯は腸を急に冷やしてビックリさせることがないため私の場合は気になることがほとんどありませんでした。

 

 

毎日の習慣にしていない

乳酸菌革命で一番大切なポイントは毎日の習慣にする!ということです。

 

サプリというのは当然、薬ではありませんので即効性がありません。こちらは私が実際に飲んだ乳酸菌革命のレビューでも記載していますが、最低でも1〜3ヵ月は続けることで徐々に実感していくという感じです。

 

また、乳酸菌というのは、摂取しても腸内に定着するのはわずかで、毎日排出されてしまうので、毎日新しい乳酸菌を摂る必要があるのです。なので、1日おきや気が向いた時、下痢や便秘になった時などしか摂らない場合は実感することが難しいかもしれません。

 

 

以上が乳酸菌革命の飲み方でした。今回紹介した3つのポイントに当てはまっている人は、是非正しい飲み方を取り入れて下さいね。

一番お得に乳酸菌革命を始めたい方はコチラ≫

 

 

関連記事

 

本気で下痢に悩む私の乳酸菌革命レビュー!生口コミでしか分からない秘密とは?

 

このページの先頭へ